皆さまいかがお過ごしですか?

こんにちは。久しぶりの更新です。

はじめのいっぽでは、普段の様子が伝わるように、年に3~4回、通信を発行してきました。
開所した1994年当時から続けており、今回めでたく100号を発行しました!

記念すべき第1号はというと、実は開所前の1993年11月に発行されています。オール手書き(笑)

場所を探していたり、夢を語っていた頃。その後、ワープロで打ったり、パソコンが得意な職員が入って、写真が挿入されたりと進化。100号はついにカラーに!
記事の中で好評なのが、「うふふのふ 笑みあふれるいっぽの日常です」コーナー。利用者さんと職員のやり取りの会話集。クスっと笑えたり、笑いが止まらなかったり、え~!っと驚いたりと、今でも続いています。

今は数少ない職員で業務にあたっているので、こうした通信発行業務はついつい後回しになってしまっていますが、読んでくれた方から「今回のうふふのふ、笑ったよ」
「いっぽの様子が良くわかるね」などと感想をいただけると励みになります。
何号まで続くは、わからないけど、今後もいっぽの様子を発信していけたら、と思います。

あっ、ブログの更新も頑張ります…

調理ボランティア募集!

今回はいっぽのお昼ご飯を作ってくれるボランティアさんの募集です。
いっぽの食事は調理ボランティアの方々が作ってくれています。

家庭の味そのままで、野菜いっぱい、ボリューム満点です。
メニューは決まっており、材料もこちらで用意しています。
時間内に調理をしていただくお仕事です。味付けは、皆様のご家庭の味でお願いしています。
お時間のある方は、一緒に食べていただけると嬉しいです。

現在、金曜日の食事を作ってくれる方を募集しています。高齢者の調理や、
ボランティアに関心がある方、ぜひご連絡下さい!年齢は問いません。

《詳細》
・毎週金曜日 10:00~12:00頃
・お礼 1回 1,000円
・1回 10食前後

パート介護スタッフ募集!

宅老所はじめのいっぽでは、現在パート介護スタッフを1名募集しています。
詳細は下記に…
利用者さん1日4~7人、民家を利用した家庭的な事業所です。
この写真は利用者Aさん(83歳)に撮ってもらいました!
Aさん「ここ押せばいいんだな」
職員「OK、OK~お願いしま~す」
 あ~~~~ちょっと下向いちゃってるよ…

後ろの職員、写ってないよ~腕に力が無くてカメラを持っていられなかったAさん。
次は台の上にカメラを置いて仕切り直し。
「はい、チーズ!」

今度は上手くいった。みんな写ってます。Aさんありがとう!
アットホームな職場です。ご応募お待ちしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(詳細)
●時間 10:00~17:30
    週3日(勤務曜日・時間応相談)
    定休日 日曜日
●資格 介護福祉士または初任者研修(旧ヘルパー2級)
    できれば普通自動車運転免許
    無資格可!(介護に興味がある方。今後資格取得をお考えの方)
●勤務地 宅老所はじめのいっぽ内 中村区藤江町3-41-1
●給与 時給1,000円~(資格・経験に応じて 別途手当あり)
●お子様と一緒に勤務可

 家庭的な介護に興味がある方、ぜひご応募下さい。一緒に働きましょう!

おしゃべりサロン パッチワーク教室

今日はデイサービスを離れて、隣接するサロンについてのおはなしです。
「おしゃべりサロン」はボランティアや地域の方の交流スペースで、NPO法人の地域貢献が目的です。

かれこれ10年以上になるので、見た目は映えないのですが…
地域の方々が勉強会や教室、会議等で使用するための集いの場です。
中でもパッチワーク教室は開始当初から続いています。
月に1回、第3木曜日の午前中に、講師の先生を囲んでワイワイと楽しく行っています。

様々な作品はコチラ⇓

参加者の声「月に1回、皆さんに合うことを楽しみにしています。先生のご指導の下、満足度の高い作品が出来ています。」
「皆さんとのお喋りもとても楽しいです」

コロナ禍で、人と会う機会が減ってしまいましたが、災害時には地域住民同士の助け合いが重要となってきます。
小さな一歩ではありますが、人と人とのつながりの懸け橋となれたら、とNPO法人「はじめのいっぽ」は考えています。
サロンについて、ご利用方法など、詳しくはお問い合わせください。

最近の様子 4~6月

しばらくブログの更新が出来ていませんでした。そうこうしているうちに、季節は進んでしまいました。ちょっと戻って
4月 昨年秋に植えたチューリップが咲き、玄関先を彩ってくれました。おすましして、一枚。

この地方でも聖火リレーが始まりました。手作りトーチを掲げて、室内1周。

5月 誕生日の人をチラシ寿司でお祝い。

6月 梅ジュースを作りました!クエン酸たっぷり。疲労回復、美容にOK!

3月 春ですね

あっという間に季節は進み、桜の開花宣言が出ましたね。
はじめのいっぽでは、お雛様を飾り、ひな祭りを行いました。
2月に元利用者のご家族、林様より、7段飾りのお雛様をご寄贈いただきました。
みんなで箱から出し、お人形、お道具、小物などひとつひとつ段に乗せていきました。

「わ~きれいなお顔だねェ」「着物もすてきね」「もう何年も出したことないわ」

「何かお供えは?」と、皆さん楽しそう。豪華な雛飾りに、気分も華やぎますね。
中村区,宅老所,デイサービス

マドレーヌおいしかったです!ご寄贈ありがとうございました。

1つ1つ丁寧にラッピングされた手作りのマドレーヌ、春日井市のS・I 様より、
R2年のクリスマスにご寄贈いただきました。
マドレーヌ,宅老所,はじめのいっぽ

毎年、バザーの際に焼いていただき、販売していました。大好評で、いっぽバザーの名物でした。

人員不足やコロナ禍でここ数年、バザーは開催していませんが、利用者の為に今年もマドレーヌを焼いてくださいました。
午後のレクを頑張った皆さん、ちょうど小腹がすいた頃のおやつなのでペロリ!です。

S・I 様ははじめのいっぽの元職員のお母様。退職して15年以上経っていますが、今年も遠くから届けていただき、本当にありがたいです。
心より感謝いたします。ありがとうございました。おいしかったです!

明けましておめでとうございます

『一富士 二鷹 三茄子』 明けまして おめでとう ございます。
壱、弐の、参。今年は令和3年です。本年もよろしくお願いいたします。
宅老所,はじめのいっぽ,デイサービス

日本人は『三』と言う数字が好きなようで、昔から「早起きは3文の徳」「三つ子の魂百まで」「石の上にも3年」と、ことわざがいろいろあります。そもそも日本は天から「三種の神器」を授けられたところから始まっていて、『三』とは切っても切れない縁があるんだとか。
令和2年の流行語大賞は『三密』でしたよね。御三家・三大秘境・三人娘・三羽カラス、ググればいろいろと出てきます。他にも3S「シミ・しわ・白髪」3R「リデュース・リユース・リサイクル」とか。三昔前『三高』と言うのもありました。覚えてますか?「高身長・高学歴・高収入」でした。
 中高年の『不安3K』と言うのもあります。「金・健康・孤独」だそうですよ。介護保険は40歳から対象です。行く先に不安なく、生きていければ良いのですが、人生アハハと笑って生きられる人ばかりではありません。不安な気持ちの表現の仕方は人それぞれ。気持ちを共有しながら、やさしく生きられる環境が必要です。
令和3年は、太陽がサンサンと輝きオリンピックが開催できて、元気な年になることを願います。
 そうそう、人間関係が上手くいく3Sもあります「すごい!・さすが!・素晴らしい!」と褒め合うのが良いそうです。感謝の心で。ぜひ、実行してみてくださいね
 ホームページを作りました。3回は覗いてくださいね~。

マスク・介護用エプロンをご寄贈いただきました。

 新型コロナが感染拡大しています。
心配は尽きませんが、できる限りの対策をして、感染しないようにしたいものです。
 そんな中、ありがたいご寄贈がありました。ボランティア情報誌「ボラみみ」さんを通して
株式会社大塚商会様より「介護用エプロン」とトヨタグループ様(株式会社デンソー・トヨタ自動車株式会社
・トヨタ車体株式会社・トヨタ紡織株式会社・株式会社豊田自動織機)より「使い切りマスク」を頂きました。

ありがたく、使わせていただいています。

ご寄贈いただきました。

 元利用者のご家族I・K様より、手作りのすてきな小箱をいただきました。
中村区,宅老所,デイサービス
折り紙を組み合わせた色とりどりの小箱に、女性利用者さんたちはうっとり。
「アクセサリーを入れる」「あめ玉入れてもいいね」など皆さん嬉しそうでした。
中村区,宅老所,デイサービス
ご家族がはじめのいっぽを利用されなくなってから10年以上経ちますが、
今でも奥様と共に、はじめのいっぽを気ににかけてくださいます。
はじめのいっぽには、I様のように、利用しなくなっても気にかけてくださる
ご家族がたくさんいらっしゃって、本当に心強く、ありがたいです。

タップして電話